〒223-8526 神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1
慶應義塾日吉キャンパス協生館1階

045-564-1740

医療法人社団なかよし会日吉メディカルクリニック

日吉メディカル

整形外科の主な手術


腱鞘炎(ばね指)

筋肉と骨をつなぐ腱を包む部分を腱鞘と呼びます。
手指などを動かしすぎると腱と腱鞘の摩擦の回数が増え腱鞘に傷がつき、炎症が起きます。
これが腱鞘炎です。
指を曲げた後に、指が伸びなくなって曲がったままになったり、伸ばそうとするとバネのように急に伸びる現象をばね指と呼んでいます。これは初期症状で、進行すると反対の手で手伝わないと曲げた指を戻せなくなり、無理に伸ばすと激痛を伴うようになります。
更年期の女性に起こることが多く、妊娠時、産後に生じることもあります。
局所の安静で刺激を少なくする事が大事です。
保存療法としては、装具の固定やステロイド注射で症状を押さえる方法がありますが、保存療法で治らない時や指が曲がったまま伸びない場合は手術療法を行います。

靱帯損傷

靱帯損傷とは関節に生理的運動を超える外力が加わったり、通常と異なる方向への動きを強いられた時に起こる靭帯の損傷の事です。
治療は損傷の程度によりサポーターの装着やギプス固定及び手術療法を選択します。

手根管症候群

手首から手のひらの真中には正中神経と言う神経が走っています。この神経は手首のあたりで骨のトンネルを通りますが、手の使い過ぎなどが影響しこの部分で神経が痛むことで指先がしびれたりする疾患です。
手根管症候群の初期症状としては同じ動作の繰り返しなどにより、しびれが出ます。
最終的には親指から薬指半分までがしびれるようになります。これらの症状は明け方に強くなり手を振ったり指を動かすことで一時的に良くなることがあります。
母指の付け根(母指球)が痩せてきて、縫い物やボタンかけなどの細かい作業が困難となり、親指と人差し指を付けたOKサインができにくくなります。
妊娠や骨折、手を使う重労働者にも生じ、閉経、透析も原因となります。
原因は不明ですが、圧倒的に女性に多く生じます。
治療としては、飲み薬、局所の安静、ブロック、手術により行われます。

カテゴリー

月別アーカイブ